歯の破折|国分寺市・国分寺駅で歯科・歯医者をお探しの方はそむら歯科クリニックまで

時間 日・祝
9:30〜13:30
15:00〜19:00

休診日:水曜、日曜、祝日

  • 電話
  • メニュー

破折とは

虫歯や歯周病といった皆さんのよく知るお口の中の病気以外に、歯が割れてしまう「破折」というものがあります。主にかみ合せなどの力が歯に過度にかかり続けることで破折するケースが多いのですが、通常破折した歯は抜歯になることがほとんどです。
しかし、最近ではその破折歯を一度抜いて悪い部分を処置し、割れた歯を接着して戻してあげる再植という処置ができるようになりました。
そむら歯科クリニックでは、できるだけ自分の歯を残す治療を行っているので、多くの患者さんが再植処置を行っています。症状にもよりますが比較的良好に術後の経過を過ごされている方が多いです。
また、破折した歯を何とか残していきたいという、患者さんの気持ちがとても大切です。
その気持ちが芽生えることで、破折した歯に限らずお口の中全体に興味がわき、そして一生自分の歯で食べることのできる環境に自然と移行するのではないでしょうか。

破折が起きてしまう原因

破折はなぜ起きてしまうのでしょうか?
外傷による場合以外に、かみ合せが原因で起きてしまうケースもとても多いのです。
破折歯の処置はその原因をつかまなければ再植をしてもまた破折します。
かみ合せの治療を行うことがポイントになると考えています。

  • かみ合せ
    イメージ画像
  • 外傷
    イメージ画像

具体的な治療の流れ

ケース1

治療前

この患者さんは右下の第一大臼歯の痛みで来院されました。レントゲンで近心根が破折しているのがわかります。

  • イメージ画像
次
抜歯した歯

まずこの歯を抜歯し、きれいに処置して破折部分を特別なセメントで接着します。接着面の処置を行い、再び抜歯窩に戻し固定します。

  • イメージ画像
次
術後1年

固定された歯は術後少しずつ回復し、炎症や腫れも引いていきます。その後患者さんからも違和感なく食事ができると報告をいただいています。

  • イメージ画像

ケース2

治療前

この患者さんは他医院にて治療中の歯が割れたとのことで来院されました。歯肉の炎症が多くありませんが、レントゲン画像より上顎左側第一小臼歯が破折していました。

  • イメージ画像
次
抜歯した歯
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
次
術後3か月

術後3か月経過したレントゲンでは、周りの骨が回復してきています。患者さんも何の違和感もなく食べれているとのことでした。

  • イメージ画像